育成会について

第39回福岡県大会

育成会活動を次につなげるには

<第39回「手をつなぐ育成会福岡県大会」が開かれる>

 10月12日、福岡県総合福祉センターに於いて「地域共生社会の実現に向けて」~明日につなぐ私たちの活動~をスローガンに、第39回手をつなぐ育成会福岡県大会が開催され、165人の北九州市、福岡市、福岡県育成会の会員等が参加しました。

 式典では来賓の祝辞の後、永年に亘る育成会活動の功績を讃える表彰が行われ、北九州市育成会より川添多恵子さん(小倉北区在住)、渕村亜希子さん(小倉南区在住)が受賞しました。

 式典の後、全国手をつなぐ育成会連合会久保厚子会長が、「次世代につなぐ育成会活動」―母として会長として―をテーマに講演を行い、育成会(親の会)の意義や各地の活動の様子等を紹介しながら、「皆で見る夢は実現できる、今こそ立ち上がろう」と話しました

 午後からは、全国手をつなぐ育成会連合会政策センター委員であり内閣府障害者差別解消法アドバイザーの又村あおい氏が、「地域共生社会の実現に向けて」~育成会の必要性・重要性~を主題に基調講演を行い、障害者が地域の大切な「戦力」として活動している事例や今全国で広まりつつある啓発隊の様子等から、これからは「権利擁護活動」「余暇支援活動」「地域づくり活動」が重要であると強調しました。

 その後、又村氏をコーディネーターに「明日につなぐ私たちの活動」をテーマにしたシンポジウムが行われ、余暇支援を行っている育成会かすが「どらえもんの会」園木崇嗣支援スタッフ、手をつなぐ応援隊隊長の福岡市育成会保護者会下山いわ子会長、そして北九州市育成会の平野千絵子副会長が登壇しました。平野副会長は、親の会ならではの事業の立ち上げの経緯や具体的な取り組みを紹介すると共に会員減少という課題はありつつも、今まで通り政策提言を行いキャラバン隊等の啓発活動を楽しみ、自ら積極的に意見を出し合い活動することが重要だと発表しました。

 参加者がそれぞれの活動を振り返り、改めて育成会の役割を考える研修大会でした。

 

カテゴリー:その他

育成会/地区会合同研修会

育成会/地区会合同研修会

諫早「あんしん家族」の取り組みを聞く

 障害のある子どもを持つ親は、自分が病気になったり亡くなった後に子どもにどんなことが起こるのか、護られるのか、心配は尽きないものです。北九州市手をつなぐ育成会は、この問題についてプロジェクトを立ち上げ話し合いを重ねていく中で、昨年11月9日に長崎県諫早市のNPO法人障がい者後見・支援センター「あんしん家族」を視察する機会を得ました。制度の隙間を埋めるきめ細かい活動をしているこの先例を多くの会員に知ってもらうため、あんしん家族の取り組みと現状について、この10月21日、ウェルとばた121・122会議室にて、北九州市育成会の地区会(門司・小倉北・小倉南・若松・戸畑)合同研修会を開催しました。(参加者数44人)

 なお、この研修会は全国手をつなぐ育成会連合会の地域育成会活性化のための研修等助成事業となっています。

 当日は、NPO法人障がい者後見・支援センター「あんしん家族」の松村真美理事を講師として迎え、「あんしん家族の役割~今までそしてこれから~」をテーマに話を聞きました。まず、母体であり関連団体である社会福祉法人 南高愛隣会について、「生きる誇りへの、挑戦」をテーマに諫早、長崎、佐世保、雲仙、島原で68事業を展開している法人の概要説明がありました。「あんしん家族」は、家族を亡くした、または家族に恵まれない障害のある方に対し、親や家族のような存在となり、権利を擁護するために、社会福祉関連法の枠を越えた細やかなサービスを行うことを目的と役割にして、平成19年に社会福祉法人 南高愛隣会から別組織として設立されました。

 事業内容は次の通りです。①権利擁護事業(身元保証が必要な時)②各種サポート事業(仲間づくりやファミリー支援)③その他(法的支援が必要な場合弁護士へ繋ぐ)、特に③の法的支援が必要になった時に成年後見を法人として受任する経過についてのケースが紹介されました。

 最後に、自身もダウン症の兄を持つ松村講師からの「親亡きあとは親ある内から、財産をどうするのか、どこで誰に支援してもらいたいのか等、家族で話し合いをきちんとしておくことが大事」との経験に基づいたメッセージで、研修会が終了しました。

カテゴリー:その他

わいわい広場(ボウリング)

外出活動 ボウリングを楽しむ

9月の育成会本人活動「わいわい広場」から

 9月21日、第57回「わいわい広場」を実施し、門司シーサイド・ボウルにてボウリングを楽しみました。

 当日は、台風の影響であいにくの曇り空でしたが、14人の本人たち(仲間たち)とサポーター4人、スタッフ4人が参加しました。戸畑駅からJRを利用しての外出活動で、自動券売機で各々が切符を買い、社会資源の利用についても経験する機会となりました。

 「わいわい広場」の一年間の活動の計画にあたっては、仲間たちの希望や思いを伝えてもらいますが、やはり外出活動を望む声が多いようです。そのせいか、今回の外出活動にも初めて参加した人が2人いましたが、すぐに馴染んで活動していました。ゲーム中は、自分の投球だけではなく、グループの仲間たちの投球にも拍手して喜び、雰囲気もいい感じで、とてもゆったり投球を楽しむグループや、次々と投げ込んでいくグループもあり、進み具合もまちまちでしたが、最後の一投までみんなで見守り、応援をしました。ゲーム終了後には1位から3位までの人を称え、ささやかな景品がプレゼントされました。

 次回の「わいわい広場」は11月16日(土)。この日も外出活動となっています。多くの参加をお待ちしています。

カテゴリー:その他

映画「道草」紹介

重度知的障害者が地域で「ありのままの自分」を生きる

映画『道草』はこんな映画です

 映画『道草』(監督:宍戸大裕2018年日本映画は、重度知的障害のある青年が地域で一人暮らしをする日常を映しています。相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件の被害者男性と家族の思いも収められています。

 知的障害のある人の暮らしの場は広がってきていますが、「重度」とされる人の多くは、入所施設や病院、親元で暮らしているのが実情です。しかし、もう一つの選択肢として一人暮らしもあることを、本作は伝えます。2014年に重度訪問介護制度の対象が拡大され、重度の知的、精神障害者もヘルパー付きの一人暮らしが出来る可能性は大きく広がりました。アパートで介護者の支援をうけながら、電車で行きたいところへ行き、コンビニで欲しい物を買い、今日はなにを食べようかと思いを巡らす。そうした当たり前の生活が、だれにとっても大切であることを再認識させてくれます。

 映画『道草』を見ると、「こうやって地域で暮らせるんだ!」と驚かされます。より多くの人に見てもらおうと、育成会親の会を含む有志による「映画『道草』 北九州市で劇場公開を応援する会」では、上映に向け準備を進めているところです。

 

上映案内

2019年10月19日(土)~10月25日(金)

二 本 立 て 上 映

★10月22日(火)シネマカフェ(宍戸大裕監督来場)

小倉昭和館(旦過市場横)★前売り券を発売予定

映画「道草」

カテゴリー:その他

第41回 総会

安心して生活できる豊かな環境づくりを目指して

育成会/第41回 総会を開催

 6月7日、ウェルとばた多目的ホールにおいて北九州市手をつなぐ育成会の第41回総会が開催され、会員463人(委任状を含む)が出席しました。

 開会の冒頭、服部栄子会長は、「平成の30年間で障害者施策は劇的に変化しましたが、育成会はその一端を担ってきました。今後北九州市育成会では、本人、家族が安心して生活できる仕組みづくりを目指すことを活動の中心として、私たち一人一人に何が出来るのかを考えながら、共に歩みを進めていきたいと思います。」と挨拶しました。

 続いて、高松浩文北九州市保健福祉局長(代理 武藤朋美障害福祉部長)、小松啓子法人育成会理事長が祝辞を述べました。

 定足数の確認の後、池田志郎氏(若松区在住)を議長に選出し、①平成30年度活動報告案②平成30年度収支決算案③令和元年度活動計画案④令和元年度収支予算案の審議が行われ、賛成多数ですべて承認されました。

 今年度は特に活動計画の重点活動項目3の、「あんしんプロジェクト北九州」の取り組みに重点を置くこととし、服部栄子会長からこの1年間のプロジェクト会議の経過報告と、本人、家族が安心して生活できるための事業を考えていることへの会員の理解及び協力依頼がありました。また、知的障害の理解を広めるための新たな取り組みとして、 「キャラバン隊」の起ち上げについて平野千絵子副会長が説明を行いました。軍手、折り紙等を使ったわかりやすい活動内容を紹介し、興味のある方は一緒にやりましょうとの呼びかけもありました。

 なお、総会に先立ち、内海和久北九州市障害者基幹相談支援センター長による、「障害者基幹相談支援センターの概要と障害者虐待防止センターの取り組みについて」の説明がありました。

 

カテゴリー:その他

このページのトップへ