育成会について

ステイホーム 乗り切ろうよ

ステイホーム 乗り切ろうよ

 新型コロナウイルスの感染拡大で、障害のある人たちの暮らしも大きな影響を受けています。「家から出ないで…」我慢の時期をどう過ごしているか、5人の話をお届けします。

 

自宅で過ごす日々 精神的に負荷

 新型コロナウイルス感染症対策として2月27日、全国に休校要請が発令されました。特別支援学校の児童生徒の多くが利用している放課後等デイサービスは、事業所により多少の違いはあるものの通常の長期休暇と同じ時間帯で対応して頂いているようですが、感染の不安から利用を控えて家庭で過ごしている児童生徒も多いように思われます。我が家の中学部2年生の娘は、緊急事態宣言が出されてからの約2週間は放課後等デイサービスの利用を控えて自宅で過ごしていましたが、「食事を摂らなくなる」「些細な事で癇癪を起こす」など精神的にも相当の負荷がかかっている事を感じ、その後は週に1~2日放課後等デイサービスを利用するというペースに戻す事で、少しずつ精神面での不安定さも解消されて来ているようです。

 自宅での過ごし方としては、タブレットでYouTubeを見たり、好きな玩具で遊んだりという感じで、気分がのっているときには本人のレベルに応じた課題にも取り組んでいますが、学校で先生やお友達と過ごすことも大好きな娘にはやはり物足りない日々のようです。今はただ、少しずつでも当たり前の日常が戻ってくることを願うばかりです。

 

見えないウイルスと戦う日々

 新型コロナウイルスという見えない敵との戦いは、3月から始まりました。育成会本部での研修や会議等はすべて延期や中止の状況です。地区会の活動も同様で総会の準備も止まったままです。そんな中、娘へこのウイルスの恐ろしさをどう伝え理解させるか悩みましたが、今では手洗い・うがい・マスクの装着は完璧になり、感染リスクの高いバスでの通所は本人の強い希望で継続しています。また、運動不足軽減を目的に家族で散歩をしています。スーパームーンの美しさに感動し、開催予定のポスターがない真っ暗な北九州ソレイユホール。ランニングやウォーキングを楽しむ人がいる夜の勝山公園。医療従事者に感謝を込めてブルーにライトアップされた小倉城。など30分のコースです。都会の映像でしか見たことがなかったウーバーイーツ配達員の「自転車」を数台見かけました。これも自粛の光景でしょうか。

 

当たり前の生活の有難さを痛感

 4月13日から5月17日迄、息子は日中の事業所とGHの利用を休み自宅で過ごしました。在宅生活では、毎日取り組む事を準備する、太らない事の2点に留意しました。パソコンで適度に過ごすことはできますが長期間は無理なので、毎日、計算や漢字ドリル、自分の部屋の掃除、毎食後の食器洗いを日課としました。また体力も有り余っているので、窓ふきや掃除、時に家具の移動等の手伝い等も。外出できないストレスはあったと思いますが、自宅が好きなのでそんな生活にも耐えられたかな?と思います。

 息子が嫌がらずに出来ることを考えながらの日々で、朝出かけて、夕方帰ってくるという当たり前の生活が、本当に有難いと痛感した1か月でした。

 

自粛生活 親子関係を考えさせられた

 お陰様で平日利用している生活介護事業所は、通所可能でした。でも土曜、祝日だけ利用している事業所と日中一時支援(日帰りショート)は休止となり、週の生活リズムは変わり、ショートステイ利用を目標にやり始めたばかりの努力が白紙になりました。

 そのような中でもヘルパーさんとの散歩や居宅介護利用には影響なく、少なからず増えた親子の時間は、ストレッチや食事で楽しみましたが、例えば掃除一つにしても「自分が動いている時間、ソファーでごろっと寝転んでいる娘に気を遣っている私」がそこにはいましたし、ストレッチさせるにしても娘の2倍は動いている私。楽しみながらもほとほと疲れを感じているところですが、娘も「お母さんうるさい」と思っているかもしれません。

 

大切なことに気づいた自粛生活

 自閉症の息子達はルーティンな暮らしの中で穏やかな日々を過ごせています。でもコロナ禍は、容赦なく彼らの生活にも迫ってきました。例えば余暇の水泳も休止で運動不足、さらに「再開は、いつなのか?」と毎日のようにLINEで尋ねてきました。私は、上手に本人が納得できる返答が出来ず、私宛に送られてきた休止の連絡をそのまま息子のLINEに転送しました。すると意外にも腑に落ちたようで落ち着くことができました。また、情報を得ることが苦手な息子たちにとって、ショッピングモールの休業やバスの減便は理解し難く常に混乱が伴いました。しかし、マスクを着けることや手指の消毒は習慣となり、この自粛生活が今後の暮らし方を考えるきっかけにもなりました。今まで当たり前だと思っていた日々が実はそうではなかったと実感し、毎日を大切にしたいと思っているところです。

カテゴリー:その他

コロナ下の育成会活動について

コロナ下の育成会活動について

 新型コロナウイルス感染症の猛威で、北九州市手をつなぐ育成会は、感染拡大を防止するため、3月以降の定例役員会やさまざまな会議、研修会等の行事を中止しました。ペアレントスクールと法人主催の政策研修会は、次年度へ延期します。

 

 障害のある人(本人)の余暇を支援する「青春大学校」は、前期講座(4月~9月)を休講し、本人主体の活動の場である「わいわい広場」は当面中止です。

 

 この間、親の会事務局はリスク回避のため業務時間を短縮(9:30~12:00)しています。

 

 会議を開くことも自粛する状況のもとで、本会第42回総会の開催に向けて準備を進め、6月5日、会員過半数の委任を受けて総会を終えることができました。

 

 これまで経験したことのない事態の中で令和2年度が始動しましたが、会員それぞれができる感染拡大の防止に努めつつ、育成会活動の一時も早い再開とそれを可能にする感染症の早期終息を願うものです。

 

 なお、令和2年度の福岡県育成会、九州地区育成会、全国育成会連合会主催の大会行事は、全て中止となりました。

カテゴリー:その他

3月からの行事等延期・中止のお知らせ

3月からの研修会等延期・中止のお知らせ

(至急連絡)

 

 さっそくですが、連日の報道でご存知のように、新型コロナウイルス感染症拡大対策のため、全国規模で集会等の自粛が行われている状況です。

 従って北九州市手をつなぐ育成会においても、下記の3月からの研修会等行事を延期・中止することになりました。

 既に申し込みをされた方へは親の会事務局から個別に連絡を致しますが、会員の皆様には今一度のご確認をお願い致します。

 ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申しあげます。

 

   日  付

  名  称

 場  所

時 間

  3月13日(金)

いくせいかい俱楽部

春ケ丘ぽぽっと

11:00~

延期

   17日(火)

ペアレントスクール

多目的ホール

10:00~

延期

      〃

がん保険説明会

多目的ホール

12:10~

延期

   21日(土)

わいわい広場

7F連絡事務室

13:30~

中止

   23日(月)

あんしんプロジェクト北九州

 ウェルとばた7C

10:00~

中止

 

青春大学校 全講座

3月~4月の全日程を中止します

 

 

         ※なお、延期の場合の実施日程につきましては、感染症流行終息後に改めてお知らせ致します。

 

                   お問い合わせ連絡先:北九州市手をつなぐ育成会(親の会)事務局

                                   ℡ 093-884-1510

カテゴリー:その他

第39回出発を励ます集い

仲間たちの門出 にぎやかに祝う

第39回「出発たびだちを励ます集い」を開催

 

 人生の節目を祝い励ます行事として、北九州市手をつなぐ育成会(親の会)は1月25日、ウェルとばた中ホールにて第39回「出発を励ます集い」を開催しました。小学校入学(1名)、中学校卒業(2名)、成人(15名)、40歳(19名)、還暦(3名)、古稀(5名)、喜寿(2名)が門出を迎えました。当日は、その内24名の仲間とその家族、お祝いに駆け付けた会員や来賓、支援者等147名が参加しました。

 お祝いの式典では、服部栄子親の会会長が『人は様々な出来事を経験してそれぞれの人生を歩む。障害者も同じでいつも守られるだけの存在ではない。社会の一員として役割を担うことができる。親の会は地域の中で当たり前に生きていくことを支える』と挨拶を行いました。続いて法人育成会の小松啓子理事長、さらに来賓の北橋健治北九州市長、三原朝彦衆議院議員、村上幸一市議会議長より励ましの言葉を頂きました。その後、(財)毎日新聞西部社会事業団による記念品が登壇した仲間たち一人ひとりに手渡され、仲間たちを代表して原田佳奈さんが決意のことばを述べました。

 また、Ⅱ部のお祝いのコンサートでは、「Aiジャズクインテット」による歌と演奏で、手拍子や身体を動かしてジャズのリズムをみんなで楽しみました。

カテゴリー:その他

いくせいかい倶楽部

知的障害、発達障害を疑似体験

「いくせいかい倶楽部」で障害の理解を広げるキャラバン隊が公演

 

 北九州市手をつなぐ育成会は、11月1日、ウェルとばたで、気軽に語り合いお互いの繋がりを深めることを目的とする「いくせいかい倶楽部」を開催しました。今回は、福岡市手をつなぐ育成会保護者会の「手をつなぐ応援隊」(4人構成)を招いて、知的障害・発達障害疑似体験講座を受講しました。

 はじめに、下山いわ子福岡市育成会保護者会会長が保護者会の概要や応援隊結成の経過などを説明しました。私たちは生まれも育ちも考え方もそれぞれ違い、その「違い」を認め合うためには相手を「知る」ことが大切であり、福岡市では、小学4年生の時に車イス体験の授業があり、他にもさまざまな所でアイマスク体験や高齢者や妊婦の疑似体験等のお互いを「知る」講座が開催されています。そこで、知的障害者、発達障害者の特性や対応法などを疑似体験することで、障害理解を広めることを目的とした「手をつなぐ応援隊」が活動を開始し、福岡市社会福祉協議会と協力しながら、公民館の福祉講座やボランティア講座、小中学校の生徒や教職員を対象に疑似体験講座を実施しています。

 次に、その講座を参加者全員で体験。まず、白い紙に「描いてみよう」ということで、お題は「りんご」。丸いりんご。かじったりんご。さまざまな「りんご」が描かれました。では「ちょっと」や「ちゃんと」を描くには?参加者からは「えっ」と戸惑いの声が上がりました。障害者に対して、「その辺に」や「自由に」「適当に」などの抽象的な言い方ではなく、「ちゃんと並んでね。」を「一番後ろに並んでね。」と具体的に伝えると戸惑うことなく理解できます。また、ペットボトルを輪切りにして、注ぎ口から景色を見ることで興味ある物に集中して周りが見えなくなる障害特性(シングルフォーカス)を、更に軍手を2枚重ねて財布からお金を取り出すなどさまざまな体験をし、困っている障害者に対する声かけや見守りの方法等を学びました。

 福岡市育成会の「手をつなぐ応援隊」は、地域で障害のことを知っている人や理解しようとする人を増やし、誰にとっても暮らしやすい社会、共生する社会を目指して活動しています。北九州市育成会にも7月にキャラバン隊「ちゃちゃ隊」が立ち上がりましたが、今後の活動が期待されます。

カテゴリー:その他

このページのトップへ