育成会について

3月からの行事等延期・中止のお知らせ

3月からの研修会等延期・中止のお知らせ

(至急連絡)

 

 さっそくですが、連日の報道でご存知のように、新型コロナウイルス感染症拡大対策のため、全国規模で集会等の自粛が行われている状況です。

 従って北九州市手をつなぐ育成会においても、下記の3月からの研修会等行事を延期・中止することになりました。

 既に申し込みをされた方へは親の会事務局から個別に連絡を致しますが、会員の皆様には今一度のご確認をお願い致します。

 ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申しあげます。

 

   日  付

  名  称

 場  所

時 間

  3月13日(金)

いくせいかい俱楽部

春ケ丘ぽぽっと

11:00~

延期

   17日(火)

ペアレントスクール

多目的ホール

10:00~

延期

      〃

がん保険説明会

多目的ホール

12:10~

延期

   21日(土)

わいわい広場

7F連絡事務室

13:30~

中止

   23日(月)

あんしんプロジェクト北九州

 ウェルとばた7C

10:00~

中止

 

青春大学校 全講座

3月~4月の全日程を中止します

 

 

         ※なお、延期の場合の実施日程につきましては、感染症流行終息後に改めてお知らせ致します。

 

                   お問い合わせ連絡先:北九州市手をつなぐ育成会(親の会)事務局

                                   ℡ 093-884-1510

カテゴリー:その他

第39回出発を励ます集い

仲間たちの門出 にぎやかに祝う

第39回「出発たびだちを励ます集い」を開催

 

 人生の節目を祝い励ます行事として、北九州市手をつなぐ育成会(親の会)は1月25日、ウェルとばた中ホールにて第39回「出発を励ます集い」を開催しました。小学校入学(1名)、中学校卒業(2名)、成人(15名)、40歳(19名)、還暦(3名)、古稀(5名)、喜寿(2名)が門出を迎えました。当日は、その内24名の仲間とその家族、お祝いに駆け付けた会員や来賓、支援者等147名が参加しました。

 お祝いの式典では、服部栄子親の会会長が『人は様々な出来事を経験してそれぞれの人生を歩む。障害者も同じでいつも守られるだけの存在ではない。社会の一員として役割を担うことができる。親の会は地域の中で当たり前に生きていくことを支える』と挨拶を行いました。続いて法人育成会の小松啓子理事長、さらに来賓の北橋健治北九州市長、三原朝彦衆議院議員、村上幸一市議会議長より励ましの言葉を頂きました。その後、(財)毎日新聞西部社会事業団による記念品が登壇した仲間たち一人ひとりに手渡され、仲間たちを代表して原田佳奈さんが決意のことばを述べました。

 また、Ⅱ部のお祝いのコンサートでは、「Aiジャズクインテット」による歌と演奏で、手拍子や身体を動かしてジャズのリズムをみんなで楽しみました。

カテゴリー:その他

いくせいかい倶楽部

知的障害、発達障害を疑似体験

「いくせいかい倶楽部」で障害の理解を広げるキャラバン隊が公演

 

 北九州市手をつなぐ育成会は、11月1日、ウェルとばたで、気軽に語り合いお互いの繋がりを深めることを目的とする「いくせいかい倶楽部」を開催しました。今回は、福岡市手をつなぐ育成会保護者会の「手をつなぐ応援隊」(4人構成)を招いて、知的障害・発達障害疑似体験講座を受講しました。

 はじめに、下山いわ子福岡市育成会保護者会会長が保護者会の概要や応援隊結成の経過などを説明しました。私たちは生まれも育ちも考え方もそれぞれ違い、その「違い」を認め合うためには相手を「知る」ことが大切であり、福岡市では、小学4年生の時に車イス体験の授業があり、他にもさまざまな所でアイマスク体験や高齢者や妊婦の疑似体験等のお互いを「知る」講座が開催されています。そこで、知的障害者、発達障害者の特性や対応法などを疑似体験することで、障害理解を広めることを目的とした「手をつなぐ応援隊」が活動を開始し、福岡市社会福祉協議会と協力しながら、公民館の福祉講座やボランティア講座、小中学校の生徒や教職員を対象に疑似体験講座を実施しています。

 次に、その講座を参加者全員で体験。まず、白い紙に「描いてみよう」ということで、お題は「りんご」。丸いりんご。かじったりんご。さまざまな「りんご」が描かれました。では「ちょっと」や「ちゃんと」を描くには?参加者からは「えっ」と戸惑いの声が上がりました。障害者に対して、「その辺に」や「自由に」「適当に」などの抽象的な言い方ではなく、「ちゃんと並んでね。」を「一番後ろに並んでね。」と具体的に伝えると戸惑うことなく理解できます。また、ペットボトルを輪切りにして、注ぎ口から景色を見ることで興味ある物に集中して周りが見えなくなる障害特性(シングルフォーカス)を、更に軍手を2枚重ねて財布からお金を取り出すなどさまざまな体験をし、困っている障害者に対する声かけや見守りの方法等を学びました。

 福岡市育成会の「手をつなぐ応援隊」は、地域で障害のことを知っている人や理解しようとする人を増やし、誰にとっても暮らしやすい社会、共生する社会を目指して活動しています。北九州市育成会にも7月にキャラバン隊「ちゃちゃ隊」が立ち上がりましたが、今後の活動が期待されます。

カテゴリー:その他

第39回福岡県大会

育成会活動を次につなげるには

<第39回「手をつなぐ育成会福岡県大会」が開かれる>

 10月12日、福岡県総合福祉センターに於いて「地域共生社会の実現に向けて」~明日につなぐ私たちの活動~をスローガンに、第39回手をつなぐ育成会福岡県大会が開催され、165人の北九州市、福岡市、福岡県育成会の会員等が参加しました。

 式典では来賓の祝辞の後、永年に亘る育成会活動の功績を讃える表彰が行われ、北九州市育成会より川添多恵子さん(小倉北区在住)、渕村亜希子さん(小倉南区在住)が受賞しました。

 式典の後、全国手をつなぐ育成会連合会久保厚子会長が、「次世代につなぐ育成会活動」―母として会長として―をテーマに講演を行い、育成会(親の会)の意義や各地の活動の様子等を紹介しながら、「皆で見る夢は実現できる、今こそ立ち上がろう」と話しました

 午後からは、全国手をつなぐ育成会連合会政策センター委員であり内閣府障害者差別解消法アドバイザーの又村あおい氏が、「地域共生社会の実現に向けて」~育成会の必要性・重要性~を主題に基調講演を行い、障害者が地域の大切な「戦力」として活動している事例や今全国で広まりつつある啓発隊の様子等から、これからは「権利擁護活動」「余暇支援活動」「地域づくり活動」が重要であると強調しました。

 その後、又村氏をコーディネーターに「明日につなぐ私たちの活動」をテーマにしたシンポジウムが行われ、余暇支援を行っている育成会かすが「どらえもんの会」園木崇嗣支援スタッフ、手をつなぐ応援隊隊長の福岡市育成会保護者会下山いわ子会長、そして北九州市育成会の平野千絵子副会長が登壇しました。平野副会長は、親の会ならではの事業の立ち上げの経緯や具体的な取り組みを紹介すると共に会員減少という課題はありつつも、今まで通り政策提言を行いキャラバン隊等の啓発活動を楽しみ、自ら積極的に意見を出し合い活動することが重要だと発表しました。

 参加者がそれぞれの活動を振り返り、改めて育成会の役割を考える研修大会でした。

 

カテゴリー:その他

育成会/地区会合同研修会

育成会/地区会合同研修会

諫早「あんしん家族」の取り組みを聞く

 障害のある子どもを持つ親は、自分が病気になったり亡くなった後に子どもにどんなことが起こるのか、護られるのか、心配は尽きないものです。北九州市手をつなぐ育成会は、この問題についてプロジェクトを立ち上げ話し合いを重ねていく中で、昨年11月9日に長崎県諫早市のNPO法人障がい者後見・支援センター「あんしん家族」を視察する機会を得ました。制度の隙間を埋めるきめ細かい活動をしているこの先例を多くの会員に知ってもらうため、あんしん家族の取り組みと現状について、この10月21日、ウェルとばた121・122会議室にて、北九州市育成会の地区会(門司・小倉北・小倉南・若松・戸畑)合同研修会を開催しました。(参加者数44人)

 なお、この研修会は全国手をつなぐ育成会連合会の地域育成会活性化のための研修等助成事業となっています。

 当日は、NPO法人障がい者後見・支援センター「あんしん家族」の松村真美理事を講師として迎え、「あんしん家族の役割~今までそしてこれから~」をテーマに話を聞きました。まず、母体であり関連団体である社会福祉法人 南高愛隣会について、「生きる誇りへの、挑戦」をテーマに諫早、長崎、佐世保、雲仙、島原で68事業を展開している法人の概要説明がありました。「あんしん家族」は、家族を亡くした、または家族に恵まれない障害のある方に対し、親や家族のような存在となり、権利を擁護するために、社会福祉関連法の枠を越えた細やかなサービスを行うことを目的と役割にして、平成19年に社会福祉法人 南高愛隣会から別組織として設立されました。

 事業内容は次の通りです。①権利擁護事業(身元保証が必要な時)②各種サポート事業(仲間づくりやファミリー支援)③その他(法的支援が必要な場合弁護士へ繋ぐ)、特に③の法的支援が必要になった時に成年後見を法人として受任する経過についてのケースが紹介されました。

 最後に、自身もダウン症の兄を持つ松村講師からの「親亡きあとは親ある内から、財産をどうするのか、どこで誰に支援してもらいたいのか等、家族で話し合いをきちんとしておくことが大事」との経験に基づいたメッセージで、研修会が終了しました。

カテゴリー:その他

このページのトップへ