育成会について

会長挨拶

令和3年度を迎えて

会長




北九州市手をつなぐ育成会
会長 服 部 栄 子

コロナ禍での生活も早一年を過ぎ、ようやくワクチン接種も始まった事で、少しずつですが終息に向けて明るい兆しが見えてきました。とは言え自粛生活はまだしばらく続きそうです。

北九州市育成会も、総会は昨年に続いて通常の形では開催できず今年度も会員の過半数の委任を受けて第43回の総会を無事終えることが出来ました。

今年度は、研修会やいくせいかい倶楽部、本人対象の「青春大学校」や「わいわい広場」なども感染状況をみながらではありますが、実施に向けて準備を進めています。また、啓発キャラバンちゃちゃ隊も隊員を広く募り公演先を拡大して知的・発達障害の理解を深める啓発活動を強化していきたいと考えています。コロナ禍で、改めて知的・発達障害のある人たちの生活のしづらさ、そして彼らの家族や支援者も感染予防に配慮しながらの支援を余儀なくされる状況が浮き彫りになっているのではないでしょうか。このような時だからこそ親の会として啓発活動を推進していかなければなりません。皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。

また、北九州市育成会が連携する全国手をつなぐ育成会連合会からも、オンライン研修会の案内や、国の福祉制度情報などを発信していますので、これらの情報とともにこれからも役員会や広報誌「ふたば」を通して会の活動や福祉の情報等を会員の皆さんにわかりやすくお伝えできるようにしていきたいと思っています。

 

予想もしなかった状況の中で、社会全体もバランスを失い疲弊していますが、希望を持って少しずつ出来ることから始めていきましょう。

会の名称

北九州市手をつなぐ育成会(親の会)
英語では INCLUSION KITAKYUSYU
Kitakyusyu Assosiation Of People With Intellectual Disabilities

活動の目標

知的障害のある人の自立と社会参加を促進する当事者団体として、本人の気持ちや願いが大切にされ、権利が守られ、親も子も安心して暮らせるインクルージョン(共生)社会の実現が目標です。

会の歩み

1964年 旧5市合併による「北九州市」の誕生に合わせて、北九州市精神薄弱者育成会を結成しました。
1978年 念願であった法人化を果たし、社会福祉法人 北九州市精神薄弱者育成会が誕生しました。
1994年 親の会育成会と法人育成会に組織を分け、運動体と事業体とに機能分担し新出発しました。
1996年 「北九州市手をつなぐ育成会」に会名を変更しました。
1998年 10月1日を記念日とする「育成会の日」を創設しました。
2001年 知的障害者の余暇活動、生涯学習を推進する「青春大学校」事業を開始しました。
2004年 結成40周年を迎えました。

組織と会員

会長 1名
副会長 若干名
事務局長 1名
地区長 7名
支部長 約50名
委員会委員長 6名
福祉作業所連絡協議会長 1名
監査委員 2名
組織図

事務局へのアクセス

〒804-0067
北九州市戸畑区汐井町1-6 ウェルとばた7階
TEL.093-884-1510
FAX.093-884-1509
ホームページ:http://www.kitaikuoya.org
アクセス:JR鹿児島本線 戸畑駅下車 徒歩2分

このページのトップへ