育成会について

青春大学校特別講座「太鼓教室}

青春大学校特別講座「まねっこ太鼓打ち」を終えて

                                咸宜会(かんぎかい) 田代 和美

 太鼓教室この度(9月3日,10月8日)、この様な講座をさせて頂いたことは、私たち咸宜会にとってとても貴重で有意義な時間でした。私たちでよいのだろうかと言う不安、ドキドキと、90分×2回と短い時間の中で、どこまで「小倉祇園太鼓」を伝えることが出来るか?新しい挑戦へのワクワクがありました。メンバー内で指導内容は取り決めず、ただ一つ「自分たちが『太鼓が好き』という気持ちを伝えよう!」と言う気持ちが各人の心の中にあったと思います。そのため、それぞれ指導方法がバラバラで試行錯誤しながらのアドバイスで、なかなか皆さんに伝わらないこともあったと思いますが、打つ度に少しずつレベルアップしていく姿に、私たちも喜びを感じました。

 また、意欲的に叩く姿には、経験者のように上手にまねっこ出来ている方、片手だけでまねっこ出来ている方、待っている間ダンスでリズムをとる方等、一人一人の個性が出て、皆さんの一生懸命な姿に私たちもついつい指導に熱が入りました。

 残念ながらこの2回の講座だけでは、基礎の一部しかお伝え出来ませんでしたが、参加者の皆さんが太鼓に親しみ、楽しんで頂けたことを嬉しく思います。また、私たちも基本に帰ることが出来、本当の太鼓の楽しさを逆に皆さんから教えて頂きました。今回の講座にお声掛けを頂いた「育成会」の皆さま、講座準備にご尽力頂いたスタッフの皆さま、講座にお付き添い頂き盛り上げて頂いた保護者の皆さまにお礼を申し上げます。講座は終了となりましたが、私たちでお役に立てることがございましたら、またお声掛け頂けると嬉しく思います。

カテゴリー:その他

地域生活対策委員会 施設見学報告

地域 29.10.4        得意なことを生かして社会参加する

                    ―――地域生活対策委員会・施設見学―――

 

地域 29.10.1 10月20日、地域生活対策委員会のメンバーは、京都郡苅田町にある就労継続支援事業所  A型(※¹)「こらぼっくる」へ施設見学に行きました。『はたらく』ことで社会に参加する場所をと、NPO法人くらしサポートこらぼにより2017年5月にカフェとしてオープンしました。代表者の話によると、このカフェでは個々の障害特性を考慮しながら得意な仕事ができるとのことです。例えば調理では、ドリンクを作る、スイーツを作る、おかずを作るなどが分担して行われています。調理以外では、食器洗いや洗濯、アイロンかけ、清掃や環境整備、ラッピングなどの仕事もあります。それらの仕事を構造化(※²)して本人たちに作業手順を理解しやすいようにしているそうです。

 

 店内は素敵モダンなムードでのんびりおしゃべりしたくなる場所です。メニューも豊富で私たちも地元の野菜で体と心にやさしいランチを楽しみました。おそうざいやスープのお持ち帰りもありますので、ぜひぜひおすすめします。

 地域 29.10. 2地域 29.10.5

        「カフェ&おもちかえりこらぼっくる」

 京都郡苅田町新津2-9-17 ℡0930-26-1158

 営業時間 火~土  11:30~16:00

          (お持ち帰り18:30まで)

 

 

※¹ A型とは、障害により企業で働くことが困難な方に働く場を提供する事業所で雇用契約を結び原則として最低賃金を保証する雇用型の障害福祉サービスです。

 

※² 構造化とは、自閉症の人たち等に周囲の環境の意味を分かりやすく整理する方法です。(室内のレイアウトや活動の流れを分かりやすく提示したりするなど)

 

地域 29.10.3

カテゴリー:その他

青春大学校特別講座「陶芸教室」

 陶芸教室では、それぞれが作りたいものを講師の指導と助言のもとゆっくりとつくっています。

 どれも個性溢れるものばかりです

 

 陶芸作品1トロピカルブルーはmay colorと自分をアピールした作品です。

 

 

 

 

 

くまモンのアイデアは私!先生の指導と手助けでカッコよか!

陶芸作品2

陶芸作品3

 

  まるでモネの絵画のようなお皿ができあがりました。

 

 

カテゴリー:その他

いくせいかい倶楽部がスタート

参加自由! いくせいかい倶楽部がスタート

いくせいかい倶楽部 春らしい陽気の3月10日、門司赤煉瓦プレイスのギャラリー&カフェ「ジラソーレ」(門司区大里)で北九州市育成会のサロン活動「いくせいかい倶楽部」が幕を開けました。

「いくせいかい倶楽部」は、参加自由です。カフェでお茶を楽しみながら気軽に語り合い、会員同士の関係性を深め、会員でない方とも出会ってつながっていく場所です。

 当日は初回にもかかわらず29人が参加し、まず自己紹介。その後、6テーブルに分かれて思い思いにおしゃべりとランチを楽しみました。日々の子どもの生活やその中での困り感など、話すことがあり過ぎて時間が足りない程でした。また、ランチの野菜サンドは、野菜ソムリエプロデュースのメニューだけにとても美味しく、カフェの柔らかな雰囲気と相俟って心癒される時間となりました。こうして集いおしゃべりすることが、育成会親の会として何より大切なことと感じました。同じ立場だからこそできる共感や地域に密着した情報の共有、さらに子育ての経験談やアドバイスなどを先輩会員から聞くことができる「いくせいかい倶楽部」の今後の活動が期待されます。

「いくせいかい倶楽部」は、会員が参加できる時に自由に参加する活動です。会員でない方も大歓迎です。是非、お誘いください。

カテゴリー:その他

「手をつなぐ」購読のおすすめ

 

 

元気の出る情報・交流誌「手をつなぐ」購読のおすすめ

 全国手をつなぐ育成会連合会が毎月発行している機関誌が「手をつなぐ」です。知的障害等の障害のある人の暮らしに関する問題や福祉施策の最新情報、全国各地育成会の先進的な取り組み、著名人によるエッセイなど役に立つ記事満載です。

 全国手をつなぐ育成会連合会の賛助会員になると、毎月「手をつなぐ」をお届けします。皆さま、ぜひ賛助会員になってください。

 

   ○賛助会員の年会費・・・3,900円

     ※全国手をつなぐ育成会連合会に直接申込み配送を受ける場合は、4,100円

   ○申込み問い合わせ・・・北九州市手をつなぐ育成会(親の会)

                電話884-1510 ファックス884-1509

 

 なお、年会費のうち1会員50円は、国内における地震、風水害等の甚大な被害を受けた育成会会員に対する災害見舞金として、災害支援基金に積み立てます。

 

 

手をつなぐ

カテゴリー:その他

このページのトップへ